読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好ましからぬ人物

メランコリア』(Melancholia)は、ラース・フォン・トリアー監督・脚本、キルスティン・ダンストシャルロット・ゲンズブールキーファー・サザーランド出演のデンマーク映画である。「もうハッピーエンディングは無しだ!」と述べた[4]。そのすぐ後、ペネロペ・クルスシャルロット・ゲンズブールキーファー・サザーランドシャーロット・ランプリングアレクサンダー・スカルスガルドステラン・スカルスガルドウド・キアとの交渉に入った。

結局クルスは出演せず、キルスティン・ダンストが彼女の後任となった[4]。さらに2010年5月、ジョン・ハートがキャストに追加された[5]。カンヌ映画祭事務局側は事態を重く受け止め、「好ましからぬ人物」としてトリアーを追放した。出品された「メランコリア」は審査の対象から外されなかったものの、仮に授賞してもトリアー監督は出席できなくなった[15]。同映画祭では本作に主演したキルスティン・ダンストが女優賞を受賞した。

Huluとツタヤを比べて